子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師-

子どもの学力向上のために親が出来ることについて書いています。子どもの受験や勉強方法に悩んでいる方はぜひご参考に。

https://transitions-online.org

家庭教師

親の目が届くからこそ得られる家庭教師のメリット

更新日:

実際に家庭教師を雇って一番のメリットだと感じたのが、「親の目が届く」という点です。具体的にどんなメリットがあったのか、詳しく紹介していきたいと思います。

家庭教師が行う指導とは?

家庭教師は具体的にどのような指導を行うのかといえば、まずは学校での5教科を教えることが基本になります。

苦手科目を徹底的に教えることもあれば、得意科目に抜けがないのかをチェックすることもあります。その家庭教師や生徒の特性により、授業スタイルは大きく異なるでしょう。

また、学校で出された宿題の確認や模試の採点や解説なども行い、どこが出来たか?出来なかったか?というフィードバックもしてくれます。

このように、学校での授業だけでなく、様々な視点で学力アップに向けた取り組みを行ってくれるのが家庭教師ならではです。

親の目が届くからこそ得られるメリット

家庭教師と進学塾が大きく異なる点は「親の目の届くところで勉強している」という点です。

親御さんにとっては子どもの成長をすぐそばで確認できるというのは、嬉しさや安心に繋がりますよね。

その分指導側にとっては大きなプレッシャーともなり得ますが、集団指導よりも家庭教師の方が、やりがいや責任感を強く感じている人が多い傾向にあるとも言えます

授業の質の向上が期待できるかも!?

家庭教師は生徒とのマンツーマン指導となるので、指導側にとってはその生徒とどのような関係性を結んでいくのかが非常に大切になります。

スタート時はよそよそしい関係性だった2人も、時間を重ねていくうちにまるで兄弟のような関係性になるということも少なくありません。そんな関係性で勉強を続けていけば、その生徒の成績が自分のこと以上に気になり始める人も多いようです。

自分の生徒がこれまで苦手だった科目で高得点を取ったり、志望校に合格するということは、仕事という枠を超えて本当に喜びを感じる人も多いです。

また、親の目が届く環境で勉強を教えるので、いい加減な指導や勉強に関係ない無駄話ばかりは出来ません。

つまり、進学塾のような集団指導よりも、より熱心に教えてくれる先生に出会いやすいとも考えられます。

授業計画を事前に知らせてくれる

また、家庭教師によっては、どのような授業計画で進めていくのかを事前に知らせてくれる先生もいます。(実際にお願いした先生は、毎回授業計画をきちんと教えてくれる先生でした。)

「苦手科目があれば苦手科目を中心に」「テスト前であれば高得点を狙える対策中心に」など様々な授業計画があるかと思いますが、実際にどんなことを教えているのか?を事前に知らせてくれれば、こちら側としても安心して任せることができます。

もし認識のズレが発覚した場合には、その場で直接伝えることも可能です。

子どもの進捗具合を見ながら一緒に授業を進められるというのも、進学塾とは異なる部分です。

家庭教師が働きやすい環境を一緒に作っていくというのも、学力向上には欠かせない要素かもしれません。

親と家庭教師も良好な関係を築いた方が良い!

家庭教師とコミュニケーションを取ることは、お子さんだけでなく親御さんにも必要と言えます。

もちろん、お子さん(生徒)と家庭教師の仲が良ければそれに越したことはありません。

しかし、家庭教師というのは「親の目が届くところで勉強する」というのが、進学塾にはない特徴とも言えます。

このような面もあって、家庭教師側も「親御さんとも良好な関係を築きたい」と思っている方は比較的多いようです。

そのため、挨拶を交わす・ちょっとした世間話をする・勉強を教えてくれている感謝を伝えるなど、ちょっとしたことを意識してみることが大切です。

そうすることで、家庭教師側もより一層気持ちよく仕事(指導)をすることができます。最近では学生さんの家庭教師も多いですから、はじめから壁を作らないように気を付けていきたいですね。

特にスタートしたばかりのころは、お互いに緊張し、上手く指導できないこともあるかもしれません。明るくオープンな気持ちで接することで向こうの緊張もほぐれ、熱のこもった指導に繋がることもあるでしょう。

まとめ

親の目が届くからこそ得られる家庭教師のメリットとしては、大きく以下の3点があげられます。

子供の成長を直接見れる・感じることが出来る

やりがいや責任感を強く感じている家庭教師に出会いやすい

家庭教師任せではなく一緒になって勉強を進めることが出来る

思うように成績が上がらない場合は?

テストの点や偏差値はすぐに上がるものではないと分かりつつも、せっかく家庭教師をはじめたのに思うように成績が上がらない…と気になることもあることでしょう。

家庭教師を利用していれば一度は感じることだと思います。

成績が良くならないことに対してイライラしてしまうこともあるかもしれません。しかし、そのイライラを家庭教師にただぶつけるだけでは何も解決しないだけでなく、今後の授業にも支障が出てしまいます。

そのため、成績が上がらない=家庭教師の教え方が悪いと一方的に思い込まないように気を付けることも大切です。もしかすると、子ども側のモチベーションがずっと低いままだった…ということも考えられます。

(もちろん、状況によっては家庭教師の教え方があまり良くないといったこともあるかもしれません…。)

先生と生徒だけでなく、先生と親御さんの関係にも少し目を向けていければ良いですね!

-家庭教師

Copyright© 子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.