評判のオンライン家庭教師とは?訪問型との違いや特徴を解説

近年、教育業界の新しい指導スタイルとして口コミで広がっているのが「オンライン家庭教師」です。

子供に家庭教師をつけることを検討されている方の中には、一度は耳に挟んだこともあるのではないでしょうか。

言葉を聞いただけでは今ひとつピンとこないオンライン家庭教師、いったいどのような指導方法なのでしょうか。

ここでは、オンライン家庭教師とは何なのか、どんなメリット・デメリットがあるのかを詳しく紹介していきます。

オンライン家庭教師とは

そもそも、オンライン家庭教師とはどのような家庭教師なのでしょうか。

訪問型の家庭教師と比較しながら見ていきましょう。

オンライン家庭教師と訪問型家庭教師の違い

オンライン家庭教師と訪問型家庭教師の最も大きな違いは、生徒の自宅へ家庭教師が訪問するかどうかです。

訪問型家庭教師は、ご存知のとおり実際に生徒の隣について指導を行います。

一方、オンライン家庭教師で採用されているのは、スカイプなどのWEB通話システムを利用した、インターネットを介する指導スタイルです。

家庭教師の実際の訪問がないため、オンライン指導ならではのさまざまな特徴があります。

詳細は後述しますので参考にしてください。

オンライン家庭教師の指導スタイル

実際のオンライン指導では、パソコンの画面に生徒の顔や板書を映しながら授業を行います。

授業のやり方にはいくつか種類があり、代表的なのは以下の三種です。

ホワイトボード使用タイプ塾での講義のようにホワイトボードを映しながら指導するスタイル。
板書共有タイプ専用のWEBシステムやペンタブレットを使用し、パソコンの画面に直接板書やノートを書き込む指導スタイル。
書画カメラ利用タイプ生徒・家庭教師共に手元の紙のノートをカメラで映して共有しながら指導する方法。

実際にどのスタイルで指導を行っているかは、家庭教師の会社によって異なります。

授業の伝わりやすさに直結するので、オンライン家庭教師の利用を検討する際は契約前に確認してみてください。

オンライン家庭教師で必要なもの

オンライン家庭教師を利用するときは、指導環境を作るために訪問型では不要なさまざまな機材や道具が必要です。

【必ず必要なもの】

インターネット回線WEB会議システムが利用できる程度の速度のもの。
ノートパソコンインターネットの利用と通話が問題なくできる程度のもの。

 

(スマホやタブレットで代用する会社もあるが画面が小さいため見にくい)

WEBカメラ表情の判別が問題なくできるもの。
ヘッドセット

 

またはイヤホンマイク

クリアな聞き取りと会話には必須。問題なく会話できる性能のもの。

【場合によっては必要なもの】

書画用カメラノートを写すための二台目のカメラ。文字が問題なく判別できるもの。

 

(本格的な書画カメラは高額なためスタンド付きWEBカメラでの代用がおすすめ)

ペンタブレットイラスト作成などで使われる入力機器。ペンの軌跡をシステム上に表示できるマウスのようなもの。文字が判別できれば良いので安価なものでOK。

カメラやヘッドセットは1,000円台の安価な商品が充実していますし、ノートパソコンも中古品を購入すれば4万円以内に抑えることもできます。

オンライン家庭教師の受講環境を作るのが目的なので必ずしも高性能なものは必要ありません。

予算に余裕がない場合はリーズナブルな商品を選びましょう。

オンライン家庭教師を利用するメリット・デメリット

オンライン家庭教師は、訪問型とは指導方法が異なるため特徴にも違いがあります。

オンライン家庭教師特有のメリット・デメリットを紹介しましょう。

家庭教師の交通費がかからない

家庭教師の交通費がかからないのはオンライン家庭教師ならではのメリットです。

毎回の指導で必要になる交通費は、家庭教師を利用する経費として無視できません。

仮に一回の指導で交通費が700円かかると仮定すると、月に八回指導してもらった場合5,600円必要です。

月に4,000円~5,000円もあれば、他の習い事の足しにしたり、家計に還元したりできます。

交通費を節約できるのは嬉しいポイントですね。

お茶やお菓子など家庭教師への気遣いが不要

家庭教師に気を遣う必要がないのも、オンライン家庭教師のメリットです。

家庭教師の来訪に合わせて部屋の掃除やおやつの準備をする必要もありません。

いくら家庭教師とはいえ、定期的に来客があるのは少々わずらわしいもの。

気遣いや緊張から解放されるのも、オンライン家庭教師ならではの利点と言えます。

新型コロナなどの感染症のリスクを軽減できる

オンライン家庭教師なら、家庭教師を介しての感染症の心配をする必要はありません。

訪問型の家庭教師では、生徒の隣について指導する関係上、どうしても多少の感染リスクは存在します。

特に、2020年2月頃から世界で猛威を振るう新型コロナウィルスの感染には神経質にならざるを得ません。

この点、オンライン家庭教師では直接対面しないことが大きな強みになります。

接触による感染を気にしなくて良いため、持病がある子供や健康に不安のある生徒でも安心です。

感染症のリスクを気にしなくて済むのも、オンライン家庭教師のメリットと言えます。

指導環境に多少の慣れが必要

デメリットを挙げるとするなら、独特の指導環境や指導方法に慣れが必要な点です。

オンライン家庭教師では会議用のソフトやWEBカメラなど、さまざまなツールを利用して指導を行います。

そのため、道具に慣れないうちは思うように授業を受けられないかもしれません。

道具やシステムの利用に不安がある場合は、サポートを受けられる家庭教師会社を選ぶことをおすすめします。

機器のセットアップやWEBツールの使い方など、不明点の事前の解決が可能です。

体験入会を活用する

オンライン家庭教師の利用を検討するのであれば、契約前に無料の体験入会を試すのがおすすめです。

オンラインの指導環境へのノウハウがあるかを事前に見極めることができます。

サポートはあるか、訪問タイプと遜色のない指導は可能かなど、契約しても問題ないかをチェックしてみてください。

サイト管理人

当サイトでは初めてオンライン家庭教師を利用する方向けに、オンライン家庭教師の選び方を紹介する記事も掲載しておりますので是非ご覧ください!

人気のオンライン家庭教師5社を厳選して比較!おすすめの選び方で理想の先生がすぐに見つかる

学校での勉強の遅れ、受験や試験対策について悩んでいる学生さんやその親御さんはいつの時代も多いですよね。 これまでは人気のある先生のいる塾に通う、自分に合う家庭教…

サイト管理人

相性ピッタリの先生に出会えることを祈ってます。最後までお読みいただきありがとうございました。