子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師-

子どもの学力向上のために親が出来ることについて書いています。子どもの受験や勉強方法に悩んでいる方はぜひご参考に。

https://transitions-online.org

受験

受験の移り変わりと親の心構えについて

投稿日:

受験勉強というのは高校受験や大学受験といったイメージを持つ方が多いでしょう。しかしそればかりではなく、近年では幼稚園をはじめとして小学校でさえ受験戦争に奮闘する方も増えています。

さらに、社会人になってからでも様々な資格を取得するために勉強する人も多いかと思います。社会人であれば自分のペースを作ることもできますが、小さな子供に対して様々な勉強をさせるのであれば、親としてどのような心構えを持つべきか考えていかなくてはなりません。

小さな子供に勉強をさせるというのは非常に難しいことです。特に幼児などのケースでは勉強ができるかどうかよりも、普段の生活の中でしっかりとしつけが出来ているかという、親の姿勢が非常に重要な部分になってきます。

そこで今回は、受験の移り変わりと親の心構えについて紹介していきたいと思います。

子供の受験

子供の受験

子供のうちに経験する受験というのは、一般的に高校や大学となります。しかし近年では、小学生や幼稚園でさえ試験を受けて入学または入園するといった子供たちも増えてきています。

子供たちが試験を受ける際には、計り知れないプレッシャーがかかることになります。実際に親世代は、自分の人生の中で高校受験など思い出してみるとよくわかるでしょう。

特に受験を控えたお子さんを家庭では、子供がストレスを感じずに勉強ができる環境を作る必要があります。

不安ばかりに押しつぶされてしまうようでは勉強にも身が入らなくなってしまいますので、どのような形で息抜きをするのか、また、息抜きをするために家族でどのような協力をすれば良いのかについても考える必要があるでしょう。

個人的に勉強するだけでは成績が間に合わないというケースでは、塾に通わせること家庭教師を雇うことも考えていかなくてはなりません。こうなると、経済的な部分でも親としては考えなければならないことが多いです。

また、育ち盛りの子供たちに勉強を強要してしまうのは多大なストレスとなるので、子供のペースは特に大切です。試験を目前に控えた子どもたちはとてもナーバスになっているため、できるだけプライバシーを重視してあげることも意識しましょう。

種類豊富な資格のための受験

種類豊富な資格のための受験

受験のほかに「試験」と言えば、資格取得が挙げられます。就職する際に複数の資格を持っていればいるほど有利といわれる時代で、様々な資格が誕生してきています。当然、資格を取るためには勉強が必要です。

民間資格であれば自宅で受験可能な内容も増えてきていますので、次々に受験勉強に取り組む人が増えています。

国家試験などになってくると、勉強に割くための時間も非常に多くなります。当然ながら勉強する内容に関しても本格的ですので、遊んでいる暇はなくなります。国家試験を受けるために勉強するのであれば、一般的には高校や大学のうちから習得を目指すことが多いため、親としては早いうちからのサポートが大切です。

必要な資格を選ぶ

いくら資格が役に立つと言われていても、むやみに資格を取れば良いというものではありません。

今後のライフスタイルを考えながら、どのような資格を取得すれば役立つかをしっかりとセレクトしていきましょう。もちろん親がすべて決めるのではなく、子供の希望や意志も尊重しながら、一緒に考えていけたらいいですね。

子供のうちに本格的な試験を受けるというのは子供にも大きなプレッシャーがかかるものですから、このような部分は親がどのように考えるかによって成功率も変わってくるものといえるでしょう。無理に押し付けるのではなく、子供の気持ちを最優先にすることが大切です。

受験をする子供を持つ親の心構え

受験をする子供を持つ親の心構え

小さな子供を持つ親のお受験戦争などが、たびたびテレビでも取り上げられます。受験を成功させるためには、私立の幼稚園や小学校に入るため家族一丸となって必死にならなくてはなりません。

しかし、このようなお受験を控えてあまりにも親が必死になりすぎてしまうと、反対に子供がしらけてしまい勉強や面接への対策に取り組めなくなってしまうことがあります。

幼稚園のお受験

特に幼稚園などの場合には本格的な勉強というものはありませんので、簡単な教養の他には、家庭でのライフスタイルが重要なポイントになってきます。両親揃って面接を受ける必要があり、そのための模擬面接や服装などに関しても事前に準備していく必要があります。

前述の通り、親ばかりが必死になってしまうと子供は必要以上にプレッシャーを感じたり、しらけたりしてしまうことがあります。親の勝手な都合で受験させるのではなく、必ず子供の気持ちを最優先に考えていきましょう

「嫌だ」と拒否反応を示す子供に、親の理想を押し付けても理想通りにはなりません。子供たちにはそれぞれ個性がありますので、他の子と比べながら親が焦ってしまえばそれだけで子供は逃げ出したくなってしまうでしょう。

親の心構えとして、結果よりもまずは家族一丸となって取り組む姿勢そのものを大切にしていきましょう。

-受験
-, ,

Copyright© 子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.