学習塾のフォローとして家庭教師を利用するメリットと注意点

最近は中学受験のために学習塾に通いながら家庭教師を利用するケースが増えています。

学習塾での授業についていけない生徒などが、学習塾のフォローとして家庭教師を利用しているのです。

ここでは進学塾のフォローとして家庭教師を利用するメリットや利用する際の注意点について解説します。

学習塾のフォローで家庭教師を利用するケース

まず理由から説明いたします。

学習塾の授業に追いつけない

中学受験を目的とした進学塾は、受験に必要なカリキュラムをハイペースで進めていきます。

このため生徒のなかには必ず授業についていけなくなる人が出てきます。

いったん授業についていけなくなると、

さらに授業が理解できない

学習へのモチベーションが下がる

などということになり、成績が大きく下がってしまいます。

こうした場合に学習塾のフォローとして家庭教師を利用すると有効です。

生徒一人ひとりに適した方法で、わからないことをわかるまで学ぶことができます。

塾の成績をもっと上げたい

学習塾の授業内容は理解しているけど、もっと成績を上げたいという生徒にも家庭教師は効果的です。

自宅での学習をより充実させたい

志望校に合格のために、さらに塾の授業内容を理解したい

などの希望を持つ生徒にも、家庭教師はきめ細やかな指導が可能です。

学習塾のフォローで家庭教師を利用するメリット

続いてメリットについて説明いたします。

生徒一人ひとりのニーズに対応

家庭教師は生徒と先生がマン・ツー・マンで授業が行われますから、生徒一人ひとりのニーズに合った学習指導が可能です。

質問がしやすく生徒が真に理解するまで教えてくれます。

このため、

学習塾の授業内容についていけない

難しくて塾の宿題がひとりでできな

など、学習塾の学習内容が理解できていない生徒へのフォローとして最適といえます。

ほかにも、

苦手科目の克服

過去問題の集中対策

など、生徒や親のニーズに対応した学習指導を行うことができます。

学習塾ごとの授業内容をフォロー

学習塾のフォローとして家庭教師を利用する場合、

学習塾のカリキュラム、授業に対応した学習指導

学習塾のテスト対策としての学習指導

学習塾の上位クラスに上がるための学習指導

など、学習塾の成績を上げるためのさまざまなフォローが可能です。

学習塾の成績が上がれば必然的に志望校合格の可能性も高まります。

生徒や親の相談相手になってくれる

中学受験を目指す生徒にとっては、成績以外にも学校や学習塾の先生、親などに言いづらい悩みを持ち、こうした悩みが成績不良の原因となることもあります。

家庭教師なら勉強以外でも生徒のよき相談相手になることができます。

また受験生を持つ親もさまざまな悩みを持っておられますが、親にもよき相談相手となり、サポートすることができます。

塾のフォローで家庭教師を利用する際の注意点

最後に注意点について説明いたします。

無理のないスケジュールを

中学受験のスケジュールは小学生には厳しいものが多いです。

特に受験を目前に控えた小学5・6年生は授業のほかテストもあるので大変厳しいスケジュールになります。

そのうえに家庭教師が家に来ると、生徒が疲労してしまい、学習意欲をなくすなど逆効果となることもあります。

学習塾のフォローとして家庭教師を利用する場合は、生徒に無理のないスケジュールを組むことが肝要です。

学習塾で使用している教科書を使用する

学習塾のフォローのための家庭教師ですから、教材はあくまでも「今通っている学習塾で使用している教科書」を使用することです。

ほかの教材を使用すると生徒も混乱し、逆効果となることもあります。

学習塾以外の教材を売り込む家庭教師業者には注意したほうがよいでしょう。

自分で学ぶ習慣を大切にする

学習塾のフォローとして家庭教師を利用すると、生徒が自主的に勉強する気運がなくなる可能性があります。

わからないことを何でも家庭教師に相談していると、自分で考え学ぶ習慣をなくしてしまうからです。

家庭教師はあくまでもサポート役であることを生徒も親も理解するようにしましょう。

経済的負担がかかる

学習塾の月々の受講料はけっこうな額になります。

受講料・教材費以外に模擬試験などテスト代など含めると年間50~100万円程度かかることもあります。

このうえ家庭教師の料金が月々数万円かかりますから、家庭への経済的負担はとても大きくなります。

指導力不足や相性

家庭教師の指導力は教師一人ひとりによって違います。

また生徒との相性も家庭教師一人ひとりと違います。

もし指導力が足りなかったり、生徒との相性が悪かったりすると、時間もお金も無駄になってしまいます。

家庭教師の指導力や子どもとの相性に疑問を感じたら、家庭教師派遣会社と話し合い、家庭教師を変更するなどの対策を採りましょう。

家庭教師を学習塾のフォローとして利用しよう

中学受験のために通っている学習塾の授業についていけなくなった場合などは、家庭教師をフォローとして利用すると効果的です。

生徒が真にわかるまで教えてくれるので、学習塾での学習内容の理解を高め、成績アップの可能性が大きく高まります。

学習塾のフォローとして家庭教師の利用もぜひご検討ください。