中学受験を成功させるための準備

中学受験を検討している方は一体どのような考えをもっているのでしょうか。

中学受験とは一般的に私立中学への受験のことを指します。※一部国公立校もあります

私立中学は公立の中学校とは異なり、その学校だけが持つ独自の精神や教育理念を子どもに教えることが出来ます。

その為、その学校の教育理念や校風などに共感できる場合は理想の教育をお子さんに与えることが出来るでしょう。

ここでは、中学受験を成功させるための前準備について解説しています。

中学受験のメリット

そもそも中学受験をするメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

その中学にしかない教育理念

メリットの1つに、その中学にしかない「建学の精神」と「教育理念」があるということが挙げられます。

有名校ならば特にそれが顕著になり、それを目当てに子どもを入学させたいという親御さんも多いかと思います。

このような部分は学校見学や説明会などでより詳しくアピールされるので、それを聞いてから受験を考えても遅くは無いでしょう。

中高一貫のカリキュラム

また、効率の良い中高一貫のカリキュラムも魅力の1つです。

このようなカリキュラムは公立校では不可能など言われています。

なぜなら、文科省の指導要綱の制限を公立校は受けなければいけないからです。

そのため、どのような非効率なカリキュラムで指導を行なっていても、それに従うしかありません。

学校によっては、中高6年間のうちに学ぶ内容を、有名私立校では5年間で先取りすることもあります。

そうすることによって残りの1年間は大学の受験勉強に集中することが出来るのです。

難関大学への合格者多数

このようなメリットを合わせた学校がどのような成果を出しているのかと言えば、有名難関大学合格者多数輩出という実績です。

特に東京大学文1や理3などの超難関コースを目指すのであれば、中学受験から行い、しっかりとゴールに向かっての道筋を示してあげるのも親御さんの務めだと言えるでしょう。

中学受験の準備

続いて、中学受験に最低限必要となる準備についてあげていきます。

子どもの資質を見定める

いきなり現実を突きつけるようになってしまいますが、中学受験を目指すにあたっては、子どもにその資質があるのかどうかを見定めなければいけません。

まず、第一条件としては、その子が知識を広げることに対して好奇心を持っているのかどうかを確認しましょう。

勉強は中学受験だけではないので勉強へのモチベーションを管理をする上で本人がしっかりとそこに喜びを見定めなければいけません。

色々なことに対して、「やってみたい!」「もっと知りたい!」と学ぶことに対して積極的かどうかを見てみると良いでしょう。

親御さんのサポート

さらに、本人だけではなく家族の徹底サポートも問われています。

中学受験はクラスで受験をしている仲間が少ないと孤立をしてしまうこともあるかもしれません。

そのため、家に帰れば家族が自分の味方であるという精神的な安定が求められます。

もし塾に通い始めたなら送迎や、お弁当の準備など出来るだけサポートをしてあげるようにしましょう。

このように、中学受験には子供に高い知的好奇心と精神年齢の高さ、そして親御さんにはサポートする姿勢が求められます。

塾や家庭教師の必要性

小学生の段階の子どもは、授業に対してのモチベーションが高まりにくいため、それを手助けするサポーターの存在が必要不可欠になります。

そのため、中学受験には塾や家庭教師の存在が必要だと言われています。

塾か家庭教師か迷ってしまうかもしれませんが、どのような指導+サポートを行ってくれるのかがマッチすればどちらでも大丈夫です。

たとえば、志望校が決まっているのであれば合格実績のある塾や家庭教師を選んでも良いし、まだ漠然としているのであれば色んな学校への実績があるところを選び本人に最適な学校を相談するのもよいでしょう。

親御さんに中学受験の経験が無い場合はやはり中学受験のプロに相談するのが必要です。

受験は年々傾向が変わるので最新情報を持っている専門家に頼ったほうが親御さんの負担も減るでしょう。

是非、自分に合った塾や家庭教を選んでみて下さい。