子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師-

子どもの学力向上のために親が出来ることについて書いています。子どもの受験や勉強方法に悩んでいる方はぜひご参考に。

https://transitions-online.org

受験

医学部受験にこそ家庭教師が必要な理由

更新日:

数ある大学の学部の中でも、最難関と言われるものの一つが医学部です。「家庭学習だけで大丈夫だろうか」「塾だけでは不十分ではないか」と心配される方も少なくありません。

実は、医学部に合格するために最も適した学習方法は、塾でも予備校でもなく家庭教師です。医学部の受験に、家庭教師の利用はどんなメリットがあるのでしょうか。この記事では、家庭教師をおすすめする理由と、家庭教師の選び方を紹介していきます。

医学部の受験で家庭教師を選ぶ理由は?

大学受験に向けた学習方法は、何も家庭教師だけではありません。個別塾や予備校など、多くの選択肢があります。にもかかわらず、家庭教師を選ぶべき理由は何なのでしょうか。おすすめの理由を三点紹介します。

学習計画の綿密な管理が可能

医学部の受験で家庭教師を選ぶ最も大きなメリットは、学習計画の細かい管理ができることです。家庭教師は塾などと違い、オーダーメイドの指導が可能な学習スタイル。生徒の理解が授業に追いついているか、進行状況の把握ができます。

医学部の試験は合格ラインが高く、かつ多くの科目の受験が必要です。この状況の中で「疑問を解決しないまま進めてしまう」のは命取り。そのため、他学部と比べてよりシビアな学習管理をおこなわなければなりません。

塾や予備校は、家庭教師と比較すると個々の生徒の学習状況を把握することが難しく、穴を作りやすいと言えます。こういった欠点をカバーし、生徒にあった細かい気配りが可能であるという点で、家庭教師は医学部志望の生徒に適しています。

勉強の習慣をつけることができる

「医学部を目指すと言ってはいるけど、なかなか学習の習慣がつかない…」こんな生徒にも、家庭教師はおすすめできます。

勉強が苦手な生徒にとって、予備校や個別指導は、ある意味「通っている時間だけやり過ごせば終わる」指導方法です。そのため、なかなか成果にならない場合があります。

家庭教師は、家庭での一対一の授業という点から、親の目と教師の目が学習状況を監視しています。ごまかすことができないので、嫌でも勉強する習慣が身につくのです。

学習習慣を身に着けるのは、医学部を志望するためのスタートラインです。抵抗なく机に向かうクセをつけるのに、家庭教師は適しています。

教師から刺激を受けることができる

家庭教師から刺激を受け、モチベーションの向上に繋げられるのも大きなメリットです。これは、生徒と教師の心理的距離が近い家庭教師ならではでしょう。

特に、家庭教師が現役の医学部生なら、担当の家庭教師は生徒からすると「将来の自分の姿」そのもの。大学での勉強や学生生活のことなどを話す中で「自分も頑張ろう」とやる気に繋がりやすいです。

医学部受験での家庭教師の選び方

実際に指導を依頼する際、どの家庭教師を選べばよいのでしょうか。家庭教師を選ぶポイントを紹介していきます。

家庭教師を利用する目的を整理する

どの家庭教師が適しているかは、家庭教師に何を求めるかで変わります。医学部に進学するといっても、スタートラインは生徒によってさまざまです。そのため、まずは家庭教師を利用する目的を整理してみましょう。

目的と言われてもピンとこないかもしれませんね。例を挙げると、以下のようなものです。

  • 基本的な学習能力の底上げをしたい
  • 苦手科目の成績を向上させたい
  • 自発的に机に向かう習慣をつけたい
  • 長期休暇で志望校対策をしたい

このように、何を目的にしているかで適した家庭教師も異なります。まずは、何のために家庭教師を利用したいのかを整理してみてください。

生徒と家庭教師との相性を確認する

家庭教師の利用を検討する場合、生徒と家庭教師の相性を確認してみてください。家庭教師にも以下のようにいくつかタイプがあるため、どの先生でも結果が出るというわけではないからです。

  • 親しみやすく勉強への抵抗を取り去ってくれる
  • 話がうまく引き込む指導ができる
  • 悩みに寄り添い二人三脚の指導をしてくれる
  • 結果に貪欲でとことん成績に貢献してくれる

「選んだ家庭教師と生徒の相性が悪い」という事態に備えるのであれば、無料で教師の交代ができる派遣会社を選ぶと安心です。まずは、どんなタイプの家庭教師が合っているのか考えてみましょう。

迷ったら体験授業を利用してみる

どこの家庭教師がいいか決められない場合は体験授業を利用してみるのも一つの方法です。家庭教師の会社では、初回授業を無料で体験させてくれるところが多いため、契約しても問題ないかどうか確認できます。先生との相性はいいか、派遣会社の対応は良好かなど、気になる点をチェックしてみてください。

また、料金や学習計画についてなど、疑問点があれば体験授業の際に確認してみましょう。

医学部受験での家庭教師の料金相場

医学部への進学を目的とした家庭教師の場合、料金相場はおおむね50,000円程度(1回90分を月に4回受けた場合)が平均的です。なお、家庭教師の料金は主に以下の要素で変動します。

  • 授業の長さ(1回60分から120分まで幅がある)
  • 家庭教師の種類(プロ教師か学生かなど)
  • コース別(受験対策コースなど)

そのため、家庭教師によっては月30,000円台で収まるところから、70,000円ほどになる会社も存在します。料金が高いからといって、生徒に合っているとも限らないため、検討する際はサービス内容を詳しく比較してみてください。

医学部受験での家庭教師の役割は大きい

医学部の受験は、独学より家庭教師の利用がおすすめです。受験に必要な全科目の学習を、抜け漏れなく期日までに行う必要があるからです。学習の進行状況を管理し、苦手な部分を一つずつ消していくために、家庭教師の力を借りるのが確実かつ効率的といえます。

どの家庭教師がよいか決められない場合、複数社の体験授業を利用して比較してみるのがおすすめです。自分の状況にあった家庭教師はどれなのか、じっくり検討してみてください。

-受験
-, , ,

Copyright© 子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.