子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師-

子どもの学力向上のために親が出来ることについて書いています。子どもの受験や勉強方法に悩んでいる方はぜひご参考に。

https://transitions-online.org

家庭教師

【発達障害の子には家庭教師がおすすめ】その理由と選び方は?

更新日:

発達障害を抱えている子は、学校の勉強にうまくついていけないケースがあります。

「学力を向上させるにはどうすればいいのか」

「もし進学できなかったらどうしよう」

こんな悩みを抱えている家庭は少なくありません。

発達障害の子の学力を向上させる方法として、一つの選択肢となるのが「家庭教師」。実は、家庭教師は発達障害を抱えている子にはぴったりの学習方法なのです。

この記事では、発達障害による学力の停滞に悩む子や、その親御さんに向けて、家庭教師のメリットを詳しく解説します。

発達障害の子の学習には家庭教師がおすすめ

発達障害を抱えている子の場合、学習には家庭教師がおすすめです。家庭教師であれば、その子に合った学習方法をオーダーメイドで考えてくれます。

具体的に、家庭教師ならではのメリットを三点見てみましょう。

自宅で一対一の勉強に集中できる

家庭教師を利用するメリットとして大きいのは「一対一の環境で、かつ自宅で勉強ができる」という点。これは、発達障害の子には非常に大きな利点です。

発達障害には、種類や個人の性質にもよりますが「いつもと違う場所では集中できない」「他の子がいると気を散らしてしまう」といった特徴があります。そのため、塾や予備校では効果が出にくいという問題があるのです。

家庭教師であれば、「いつもの場所」で「いつもの先生」とマンツーマンで学習ができます。気を散らしやすい子でも集中できる環境を作ることが可能です。

子供によって指導方法を変えることができる

家庭教師なら、子供によって指導方法を変えることができます。発達障害の子の指導においては重要な要素です。

発達障害の子は、学校の授業や集団指導の塾などの「クラス単位での進捗に合わせた学習」は苦手なことが多いです。勉強を教えるうえでは「生徒が授業に合わせる」のではなく、生徒一人に対して徹底的に寄り添った指導が必要とされます。

その点、家庭教師であれば生徒一人に対して先生も一人なので、その子専用の授業が可能です。興味関心や特性に応じて指導方法を変更してくれます。

「勉強する以前の段階」から指導してくれる

勉強する以前の段階から指導してくれるのも、家庭教師ならではです。

学校の授業などは、そもそも「椅子に座っていられる」「長い文章が読める」といったことが前提で組み立てられます。しかし、発達障害の子のスタートラインは勉強に取り組む前にあることも多いのです。

こういった「勉強を開始する以前の問題」も指導してくれるのも家庭教師であればこそ。スタートラインはどこなのか、どんなペースでどんな道順ですすめれば伸びるのかを模索してくれます。

発達障害の家庭教師の選び方

発達障害の子に家庭教師をつけることを検討する場合、どんな家庭教師を選べばよいのでしょうか。

結論から言うと、一口に発達障害といってもその性質は様々なので、一概に「この家庭教師が良い!」とは言えません。この章では、家庭教師を種類別に紹介し、それぞれの特徴を解説します。

大学生の家庭教師の特徴

大学生の家庭教師のメリットは、子供と比較的年齢が近いため親しくなりやすい点です。「先生」というよりは「仲の良いお兄さん・お姉さん」という感覚で接することができます。趣味や流行の遊びなどで意気投合できれば、心を開いてくれるのも早いでしょう。

ただ、アルバイトの大学生はプロの家庭教師と比較すると「指導経験が浅い」というデメリットもあります。

あえて大学生の家庭教師を選ぶのであれば「身近に発達障害の人がいる」「子供と趣味が同じ」「発達障害を大学で専門に学んでいる」など、何かしら経験不足を補えるメリットを備えた家庭教師が良いかもしれません。

プロの家庭教師の特徴

プロの家庭教師の特徴は、指導経験が豊富で対応力が高いことです。特に発達障害の指導経験がある家庭教師であれば、それぞれの子にあった学習計画を柔軟に考えてくれます。

デメリットがあるとすれば、アルバイトの家庭教師と比較して料金が高めになるケースがあるという点。料金が気になるのであれば、教師ごとではなくプランごとに料金を設定している会社がおすすめです。

おすすめは教師の変更が可能な派遣会社

家庭教師の業態はいくつか存在しますが、その中でおすすめなのは家庭教師派遣会社です。教師の変更が可能であり、別の先生を紹介してくれます。

最初の先生が子供に合っていればそれが一番なのですが、発達障害という特性上、先生と生徒の間に相性が発生しやすいです。

教師を変更したい場合、個人契約の場合だと新しい家庭教師を一から探す必要があります。そのため、家庭教師の利用を検討する際は教師の変更に無料対応してくれるかどうかが一つの基準になるのです。

発達障害向け家庭教師の料金

発達障害に対応してくれる家庭教師の料金は、おおむね一コマ60分の場合で2,000円から7,000円程度です。

家庭教師派遣会社の発達障害対応種類は様々。受け入れ可の場合でも通常の子供と発達障害の子供でプランを分けていないところもあれば、発達障害の子専門の家庭教師派遣会社もあります。

一般的には専門性が高くなるほど料金も上がりますが、先述のとおり家庭教師には相性があるため、料金が安いからといって自分の子に合っていないとは限りません。

予算もあるかと思いますので、まずは上限の範囲内で様々な家庭教師会社を見てみることをおすすめします。

家庭内で解決が難しい場合は家庭教師も検討する

発達障害が原因で学力が伸び悩む子供は多いです。こんなとき、家庭内だけで解決しようとすると「どう指導してあげればいいか分からない」「共働きで時間がとれない」など、様々な問題に直面します。

家庭内で解決が難しい場合は、プロに頼むのも一つの手段です。発達障害の子の指導実績がある家庭教師派遣会社に一度相談してみてはいかがでしょうか。

-家庭教師
-, ,

Copyright© 子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.