子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師-

子どもの学力向上のために親が出来ることについて書いています。子どもの受験や勉強方法に悩んでいる方はぜひご参考に。

https://transitions-online.org

受験

中学受験を成功させるための準備

更新日:

この記事を読んでいる方の中には、中学受験を考えている方も多いかと思います。

お子さんの将来のため、幼い頃から高い教育を施し、様々な選択肢から未来を選んで欲しいと思っている人もいるでしょう。その第一歩として、中学受験が挙げられます。

公立の中学校とは異なり、その学校だけが持つ独自の精神や教育理念を子どもに教えることが出来ます。そうすることで、他の子どもと差を早くから付けることが出来るでしょう。

ここでは、中学受験を成功させるための前準備について解説しています。

中学受験の魅力

そもそも中学受験をするメリットはどのようなことがあるのでしょうか?疑問に思う方もいますよね。

私立中学の受験は子どもに対して大きなメリットがあると言われています。

その中学にしかない教育理念

その中の1つに、その中学にしかない「建学の精神」と「教育理念」があるというものです。有名校ならば特にそれが顕著になり、それを目当てに子どもを入学させたいという親御さんも多いかと思います。

このような部分は学校見学や説明会などでより詳しくアピールされるので、それを聞いてから受験を考えても遅くは無いでしょう。

中高一貫のカリキュラム

また、効率の良い中高一貫のカリキュラムも魅力の1つです。

このようなカリキュラムは公立校では不可能など言われています。なぜなら、文科省の指導要綱の制限を公立校は受けなければいけないからです。

そのため、どのような非効率なカリキュラムで指導を行なっていても、それに従うしかありません。

学校によっては、中高6年間のうちに学ぶ内容を、有名私立校では5年間で先取りします。そうすることによって残りの1年間は受験勉強に集中することが出来るのです。

難関大学への合格者多数

このようなメリットを合わせた学校がどのような成果を出しているのかと言えば、有名難関大学合格者多数輩出という実績です。

特に東京大学文1や理3などの超難関コースを目指すのであれば、中学時代から受験を行い、しっかりとゴールに向かってのレールを敷いてあげるのが親御さんの務めだと言えるでしょう。

中学受験を目指す準備

続いて、中学受験を目指すために最低限必要となる準備についてあげていきます。

子どもの資質を見定める

いきなり現実を突きつけるようになってしまい申し訳ありませんが、中学受験を目指すにあたっては、子どもにその資質があるのかどうかを見定めなければいけません。

まず、第一条件としては、その子が知識を広げることに対して好奇心を持っているのかどうかを確認しましょう。

中学受験はもとより、これから先エリートコースを進むことになるため、常に試験対策に追われることになります。そのため、モチベーション管理をする上で本人がしっかりとそこに喜びを見定めなければいけません。

色々なことに対して、「やってみたい!」「もっと知りたい!」と学ぶことに対して積極的かどうかを見てみると良いでしょう。

また、精神年齢が高く成熟しているという点もポイントです。

特に国語では、文章の裏側を読み解いたり製作者の気持ちを汲み取ったりなどの作業が必要になります。

これ以外の教科も問題文を読み解く論理的思考力が常に問われるため、表面上の文章しか読み取ることの出来ない幼い精神性では受験にはまだ程遠いと言えるかもしれません。

親御さんのサポート

さらに、本人だけではなく家族の徹底サポートも問われています。

中学受験は周りにも受験をしている仲間が少ないため、クラスでも孤立をしてしまうこともあるかもしれません。

そのため、家に帰れば家族が自分の味方であるという精神的な安定が求められるのです。もし塾に通い始めたなら送迎や、お弁当の準備はもちろんのこと、さまざまなイベントがあるため、経済的余裕も必要になってきます。

このように、中学受験には子供に高い知的好奇心と精神年齢の高さ、そして親御さんにはサポートする姿勢が求められます。

しかし、まだ幼い子どもに高いモチベーションを維持させるのは難しく、「うちの子に中学受験なんて無理…」と感じている人もいるのではないでしょうか?

中学受験をする際には家庭教師や塾の存在が必要だと言われているのは、このためです。

家庭教師の必要性

小学生の段階の子どもは、授業に対してのモチベーションが高まりにくいため、それを手助けするサポーターの存在が必要不可欠になります。

そのため、中学受験には家庭教師の存在が必要だと言われています。

塾に通わせようと考えている方もいるかもしれませんが、学習塾のような集団指導の形式では、もしその網の中から漏れてしまうと、学力が低下するだけでなく自尊心も大きく傷付けられてしまうことが考えられます。

では、具体的にはどのような指導+サポートを行ってくれるのかが気になる点ですよね。

たとえば、小テストなどにおいて不正解をしてしまったときには、ただ単純にそれを否定するのではなく、どのような過程で経てその答えを導き出したのかを探してあげることが重要です。

そうすることによってただ単純に間違えていたのではなく「途中までは合っていた」という事実に気付いてあげることが出来るのです。

集団指導によるメリットは周りの仲間と高め合い、支え合うことが出来ることだと言われています。しかし、受験というのは、その輪の中からさらに一歩進む必要があるのです。

そのため、自分の課題を克服したり、志望校対策をしたりする上では家庭教師の存在が必要不可欠となります。そのために親御さんは、その子に最適な家庭教師を選んであげる必要があると言えるでしょう。

-受験
-,

Copyright© 子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.