子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師-

子どもの学力向上のために親が出来ることについて書いています。子どもの受験や勉強方法に悩んでいる方はぜひご参考に。

https://transitions-online.org

家庭教師

幼児教育の家庭教師はどんなことをするの?幼児教育の家庭教師のメリットは?

更新日:

幼児期に遊びや日常生活を通して体験したさまざまな出来事や身につけた生活習慣は、その後の子供の発達や人格の形成に大きく影響を与えると言われています。

そのため子供の一生を豊かで実りあるものとするためには、幼児教育が非常に重要な役割を果たします。

幼児教育の1つの方法に、家庭教師サービスがあるのをご存じでしょうか。

今回は、幼児教育の家庭教師について、その指導内容や利用のメリットなどについてご紹介します。

幼児教育として家庭教師が行うこととは

幼児教育の家庭教師は、どのようなことを行うのでしょうか。

家庭教師サービスを行う会社によって多少の違いはありますが、幼児コースで主に行われていることをご紹介します。

家庭教師の幼児コースの内容

・文字と言葉を学ぶ

ひらがなやカタカナの読み書きの練習をし、語彙力を伸ばす学習をします。

語彙力は、人の話しや物語を正しく理解するために必要な力であり、全ての学習の基礎となるものです。

また、自分の考えを正しく伝えるためにも語彙力を高め、正しい言葉を覚えることは大切です。

・パズルや迷路で右脳を鍛える

子供が興味を持ちやすい動物や食べ物の絵などを使ったパズルやカード、迷路などを使って楽しみながら規則性や法則性を見出す推理力、集中力、判断力、思考力などを養います。

・数の感覚を身につける

数字の読み方、1個2個といった量の感覚、1番目や2番目といった順番の感覚をつかめるような学習をします。

また、簡単な足し算や引き算、時計の読み方なども学びます。

・工作で手先の器用さ・想像力を伸ばす

工作は、小学校受験にもよく出題される項目でもあります。

ハサミを上手に使って紙を切ったり、のりを使って紙を貼り付けたり、セロハンテープを使って紙を止めたりと、手先の器用さや想像力を伸ばすための工作を行います。

・あいさつや会話の練習

あいさつは、社会生活をスムーズに送るための基本的な習慣です。

場面に合わせた気持ちの良いあいさつができる力、人の話しをしっかり聞く力、自分の考えていることや話したいことを言葉で伝えることのできる会話力を身につけます。

幼児教育として家庭教師を利用するメリットとデメリット

幼児教育の家庭教師サービスを利用するメリットやデメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

幼児教育の家庭教師利用のメリット

・子供に合わせたレッスンをしてもらえる

家庭教師は、自宅で講師と子供が一対一でレッスンを行います。

そのため、得意な分野を積極的に伸ばしながら、苦手な部分もその子が関心を持って取り組めるやり方を取り入れるなどして、一人一人に合わせたカリキュラムを組むことができます。

また、講師の目が行き届きやすいため子供の小さな変化や成長を見逃すことなく、次へのステップへと進むことができるようになります。

・我が子の成長だけを見てあげられる

幼児教室の場合は、同年代の複数の子が集まって一緒にレッスンを受けます。

それぞれの子供に得意なことや不得意なことがあり、成長のスピードもそれぞれですが、他の子ができているのに自分の子供ができていない場面を目の当たりにすると焦りを感じてしまうことがあります。

幼児教育を家庭教師に依頼する場合には、他の子と比べる必要がないため自分の子供の成長だけを見つめることができるようになります。

・移動の負担がない

家庭教師は自宅に講師が訪れるため、子供を連れて移動する必要がありません。

小さい子供を連れての移動は、母親にとっても負担が大きいものです。

移動にかかる時間や労力を家事や育児に注ぐことができるのも、幼児教育の家庭教師を利用するメリットです。

幼児教育の家庭教師利用のデメリット

・費用がかかる

幼児教室に比べると、講師が一人の子供のためだけに自宅を訪れて幼児教育のレッスンを行う家庭教師は、費用が割高となります。

・同年代の子供との触れ合いが少ない

家庭教師と自宅でじっくり向き合うことができることが幼児教育の家庭教師のメリットではあるものの、幼児教室のように同年代の子供と触れ合う機会はないため、他の子と協調して遊ぶことや他の子から刺激を受けるような機会はありません。

ただし、幼稚園などで日常的に同年代の子と過ごしているようであれば、幼稚園以外の場での幼児教育においてはそれほど重視しなくてもよいかもしれません。

小学校受験について知っておきたいこと

小学校受験の入試では、数や図形、ことば、文字などの筆記試験が行われるほか、先生と会話形式で質問に答える試験などが行われます。

また、グループで遊びや運動などを行い、協調性やリーダーシップがあるかどうか、先生の指示をしっかり聞いて指示通りの行動ができるかなど、行動を観察するケースも増えています。

そのほか工作を行って手先の器用さや自分でやりきる力があるかどうかの確認をするものや、先生の話を聞いて絵を描かせ、発想力や表現力を見る試験があることもあります。

また、ほとんどの学校で面接が行われています。

親と子供が一緒のケースや親と子供に分かれて面接を行うケースもあります。

幼児教育の家庭教師には、小学校受験対策コースを用意しているところもあります。

小学校受験を考えている場合には、しっかり準備をした状態で試験に臨むことができるよう小学校受験対策コースを利用するとよいでしょう。

まとめ

幼児教育の家庭教師について、レッスン内容やサービスを利用するメリット、デメリットについてご紹介しました。

幼児期の豊かな体験によって得られる知能や技能、精神の発達は、その後の学習の基礎となり、人格形成にも大きな影響を与えることがわかっています。

そんな大切な時期である幼児期に、幼児教育の知識や経験を豊富に持つ家庭教師が一人の子供とじっくり向き合うことは、その子の良いところを存分に引き出し、子供が持っている可能性をより大きく広げる助けになるのではないでしょうか。

-家庭教師
-, ,

Copyright© 子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.