子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師-

子どもの学力向上のために親が出来ることについて書いています。子どもの受験や勉強方法に悩んでいる方はぜひご参考に。

https://transitions-online.org

受験

小学校受験の準備はいつ始める?メリットとデメリットは?

更新日:

小学校の受験は、中学や高校の入試とは異なる性質を持っています。そのため、受験を検討していても「いつから準備すればよいか」が分からないという方も多いのです。実際のところ、小学校受験の準備はいつから、どのように行えばよいのでしょうか。この記事では、小学校の受験準備について、受験のメリット・デメリットも交えて紹介します。

小学校受験の準備はいつから始めるべき?

受験準備をいつからすれば良いのか、という問題は親にとって悩ましいもの。受験準備の一般的な準備期間を見てみましょう。

年中から受験準備を始めるのが一般的

小学校受験の準備をいつから始めるのかは、家庭や志望校にもよりますが、子供が年中に上がったころから準備を始めることが多いです。小学校の受験は、テクニックだけで乗り越えられるものではなく、準備に時間をかける必要があります。そのため、早いうちから幼児教室などに通ってトレーニングをするのが一般的です。

志望校の対策は年長からスタートすることが多い

受験準備は年中から始めるといっても、初めは幅広い学習で子供の基礎能力を高めることが重要です。志望校に特化した対策は年長に上がってから始めることが多いです。まずは基本的な能力をのびのびと伸ばし、楽しく受験準備を始めるようにしましょう。

小学校受験の試験内容とは

受験を検討するうえで気になるのが、小学校受験の試験内容です。小学校に上がる前の子供をどのようにテストするのでしょうか。

子供の基礎能力を問う内容が多い

基本的に、小学校受験の試験内容は、中学以降の入学試験とは別物と思っておくのがよいでしょう。教科ごとにペーパー試験が合否の主な基準になる中学以降の受験と違い、小学校受験ではペーパー試験の成績が良いだけでは合格できません。

一例ですが、小学校受験の試験内容は以下のようなものがあります。

  • 行動観察
  • 絵画や作品制作
  • 運動能力テスト
  • 本人および父母の面接

これらの試験の内容を総合的に判断し、校風に合った生徒が合格となります。

ペーパー試験の有無は志望校によって異なる

小学校受験のペーパー試験は、学校によって実施の有無が異なります。志望校にペーパー試験があれば対策は必要ですが、小学校受験では前述のように子供の総合力が問われます。ペーパー試験対策に時間を割きすぎないことが大切です。

志望校対策には家庭教師もおすすめ

小学校受験には、基礎力の強化と同時に志望校の対策も必要となります。志望校に応じて効率よくトレーニングを進める必要があるため、家庭だけでは適切な指導ができないことも。このような場合は、小学校受験に対応している家庭教師もおすすめです。特に、大手の家庭教師会社は志望校の受験情報を把握していることも多いため、受験対策を有利に進めることができます。

小学校受験のメリットとデメリット

地域の公立小学校があることから、小学校受験は全ての子に必須なわけではありません。では、私立の小学校を受験し学ばせることには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

良い環境で学習することができる

私立の小学校に入学する生徒は、入試をクリアした時点で一定のふるいにかけられています。そのため、学習意欲の高い子供も多いです。自分にあった校風の学校で、周囲と切磋琢磨しながら成長できることは、小学校受験の大きなメリットといえるでしょう。

ハイレベルな教育を受けられる

学校の教育そのものも、公立の小学校と比較してハイレベルなことが多いです。特に、名門と呼ばれる有名私立小学校の場合、中学以降の進学も見据え、授業内容が組まれていることもあります。受験サポートも公立と比較して手厚いため、子供の将来の進学まで考える場合は小学校受験の恩恵は大きいです。

学費が高い

ネックの一つとなるのが、学費が高額なことです。具体的にいくらかかるかは学校しだいですが、なかには一年の学費が100万円を超える小学校もあります。学費の他に受験対策の費用や幼児教室の月謝などもかかるため、学費にいくらかけられるかも小学校受験の可否を判断する基準となるでしょう。

通学に時間がかかる

家から近いから、という理由で私立小学校を受験させることは少ないと思います。事実、私立小学校では通学に電車を利用している生徒も多く、地元の公立小学校と比較すると通学時間は長くなるでしょう。仮に通学に片道40分かかるとすれば、片道10分の公立小学校の生徒と比べ、一日1時間余分に時間を使っていることになります。その分学習や遊び、クラブ活動に使える時間が減少することは留意しておきましょう。

小学校受験の準備は早めにおこなう

小学校受験は付け焼刃で乗り越えられるものではないため、早めの準備が重要です。一般的には年中から準備を始めることが多いです。

小学校受験の対策は家庭だけではスムーズに進まないこともあるため、小学校受験に特化した家庭教師のサポートを受けることをおすすめします。受験を考えている方はぜひ検討してみてください。

-受験
-,

Copyright© 子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.