子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師-

子どもの学力向上のために親が出来ることについて書いています。子どもの受験や勉強方法に悩んでいる方はぜひご参考に。

家庭教師

夏休みに家庭教師を利用するメリットと指導の特徴について

更新日:

学校の夏休みは1か月以上と1年でもっとも長い休暇です。

この時期は生徒たちの2学期以降の成績を決める重要な時期で、家庭教師を利用し始める絶好のタイミングともいえます。

そこで本記事では夏休みに家庭教師を利用すべき理由や指導の特徴について、小・中・高校生別に解説します。

夏休みに家庭教師を利用すべき理由は?

・総復習や苦手教科の克服

夏休みはこれまで学んだことを総復習するには最適な期間です。

1学期の成績が出たすぐ後ですから、苦手教科を復習する絶好のタイミングともいえます。

特に苦手教科はすぐに対策を採らないと2学期以降ますます後れを取ってしまうことになります。

家庭教師は生徒一人ひとりの学習への理解度に合わせて指導するので、苦手教科の克服には最適といえるでしょう。

 

・学習へのモチベーションをあげる

長期間にわたる夏休み。その期間中、生徒たちが学習へのモチベーションを保ち続けるのはとても難しいことです。

夏休みの最初のころはメリハリのある生活を心がけても、徐々にダラダラした生活になってしまい、勉強が疎かになる可能性がとても高いです。

たとえ週1回でも家庭教師を利用すると、自宅で学習する習慣がつき、学習へのモチベーションを高めることができます。

 

・ほかの生徒との差をつける

夏休みの過ごし方でほかの生徒との差も違ってきます。

ダラダラ過ごしていると、ほかの生徒たちに成績で大きく先を越されてしまうこともあります。

夏休み期間は家庭教師を利用して、復習や予習をするなど、ほかの生徒と差をつける絶好の機会といえます。

小・中・高校生別 夏休みの指導のポイントは?

小学生の夏休みの指導ポイント

・自宅での学習の習慣をつける

小学生は中・高校生と違って部活がないので、長い夏休みはゲームや遊びなどダラダラと過ごしがちです。

そのまま放置しておくと学習習慣も学習へのモチベーションも失くし、2学期以降の成績に悪影響を与えかねません。

そこで週に1回でも家庭教師を利用し、宿題を与えるなどして自宅で学習する習慣をつけましょう。

そうすると学習へのモチベーションも高まります。

 

・苦手教科の克服を

夏休みは1学期の成績をもとに、これまで学習したことの総復習や苦手教科の克服を心がけましょう。

また得意教科をさらに深く勉強するなど学習の楽しさを学ぶことも大切です。

中学生の夏休みの指導内容

・自宅で学習する習慣を身につける

中学生になっても自宅での学習習慣を身につけることが重要です。

中学生は部活動などがあるので夏休みは意外と忙しいといえます。

しかし高校受験があるため、たとえ1年生であっても学習を疎かにすることはできません。

志望校に合格するためにも自宅で学習する習慣は小学生以上に大切になります。

家庭教師を利用して自宅で学習する習慣を身につけましょう。

 

・学習意欲を高める

中学生は小学生よりも学習内容が難しくなるので、生徒間の成績の差も大きくなってきます。

このため生徒によっては学習へのモチベーションを失ってしまうこともあります。

夏休み期間に家庭教師を利用して、生徒一人ひとりの理解度に合わせた学習指導を行い、学習へのモチベーションを高めることが重要です。

得意教科をさらに勉強し自信を深めたり、苦手教科を克服し得意教科へと変えたりするなどして学習意欲を高めましょう。

 

・志望校への受験対策

夏休みは志望する高校受験のために大切な準備期間ともいえます。

特に中学3年生にとっては志望校受験のために総復習する最後のチャンスです。

志望校に合格するために家庭教師を利用して、これまで学習したことの総復習を心がけましょう。

高校生の夏休みの指導内容

・1年生は再度勉強に向き合うタイミング

高校1年生は受験勉強から解放されて、部活などに熱中している人が多いのではないでしょうか。

しかし高校は中学以上に授業のスピードが速いので、生徒間で成績に差がつきやすいといえます。

高校生1年生の夏休みは1学期に学んだことを総復習し、苦手教科を克服するなどして、再度勉強に向き合いましょう。

 

・2年生は大学受験の準備開始を

高校2年生の場合、夏休みは大学受験の準備を本格的に始めるタイミングです。

大学受験の指導経験がある家庭教師を利用して、情報収集を含め志望大学に合格するための準備を始めましょう。

 

・3年生は大学受験に向けたラストスパートを

大学受験を志望する高校3年生にとって夏休みはもっとも重要な期間です。

「夏を制する者は受験を制す」というほどに夏休みの過ごし方が重要になります。

模擬試験の結果などを参考に、実績のある家庭教師と一緒に、大学受験へのラストスパートを切りましょう。

夏休みは家庭教師で生徒に学習習慣を

小・中・高校生にとって夏休みは1か月以上と、とても長い休暇です。

夏休みの学習課題は小・中・高校生それぞれ違いますが、共通して自宅での学習習慣が重要となります。

自宅で学習習慣をつけるのに家庭教師は最適といえます。

夏休みは実績のある家庭教師派遣会社を利用して、生徒の学習意欲を高めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

-家庭教師
-

Copyright© 子どもの学力向上ブログ-はじめての家庭教師- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.